ブランド品の正規輸入品と並行輸入品との違い

by author



海外から輸入されたブランド品は全て、正規輸入品か並行輸入品かのどちらかに当たります。

例えば、ブランドの正規販売店のショッピングサイトでは正規輸入品と明記されている例が多くありますし、それ以外のお店であれば並行輸入品と注意書きされている場合があるものです。

パーティードレスの通販の詳細についてはこちらです。

ブランド品を購入する際は、両者の特徴をよく把握した上で購入する品物を選択する必要があります。

前提として、正規輸入品と並行輸入品とはどちらも同じ品物です。

評判が高い販促のノベルティを是非ご利用ください。

正規輸入品は、正規代理店が海外ブランドと取引をして国内に輸入された品物になります。

一方、並行輸入品は販売店が海外の正規販売店から買い付ける等して、国内に輸入された品物です。

キャバドレスの分かりやすい情報はこちらです。

このように、ブランドが認める輸入ルートを通じているか、販売店が独自に仕入れているかによって区別されています。
正規輸入品と並行輸入品とは、品物は同じでもそれぞれ特徴が違います。


購入の際には、両者の違いを意識して選択しましょう。


正規輸入品の特徴は、本物である事が保証されている事です。

正規代理店が海外ブランドを通じて輸入し、それを正規販売店が販売する形になりますので、そこに偽物が入り込む余地はありません。


本物を確実に入手したいと考えている方にとっては、これ以上無い安心できる入手方法と言えるでしょう。

ラルディーニの情報が満載です。

ただし、正規輸入品の場合は並行輸入品に比べて販売価格が高い事は覚えておきましょう。

並行輸入品の特徴は販売価格が比較的抑えられている事と、日本未発売の貴重なモデルが手に入る事です。


正規輸入品を正規販売店で購入するのに比べると、並行輸入品の価格は魅力的なものです。信頼のおける販売店を見つけているのであれば、並行輸入品という選択肢は最適解の1つになるでしょう。


日本未発売のモデルは、並行輸入品ならではの魅力です。
同じブランド品でも日本で他に所有している人が少ない、希少な存在を入手できます。
これらのように、正規輸入品と並行輸入品とはそれぞれにメリットとデメリットとがあります。
特に通販を利用して購入する場合は、販売店の信頼性が重要になりますので、利用を慎重にしましょう。
通販サイトの中には詐欺を目的として運営されているものもありますので、被害を避ける為に警戒が必要です。


偽物を販売するサイトは巧妙さを増していて、近年では有名なショッピングサイトの見た目をほぼすべてコピーしたような偽装サイトも存在しています。

ドレス通販情報探しのサポートをいたします。

ただし、偽物の販売サイトにはある程度の共通点がありますので、あからさまに偽物を販売している所は簡単に避けられます。

例えば、販売価格が異様に安い場合は注意が必要です。

品揃えが良くて全ての品物が50%OFFや70%OFFといった格安である場合は、価格の安さに興味を持った方を騙す為の偽装です。
また、店舗の責任者や連絡先が無かったり、特定商取引法に基づく表記が無かったりと販売者の素性がわかりにくい場合も多くあります。この他にも見慣れないフォントを使っている等の不自然な特徴もありますので、通常の通販サイトと異なる点を見つけた場合は警戒をしておきましょう。

http://getnews.jp/page/185?s=yo
http://news.livedoor.com/keyword/%A5%D5%A5%A1%A5%C3%A5%B7%A5%E7%A5%F3/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10134338025